top of page

わんコラム 【愛犬の舌と心:味覚の舞台裏と初めてのおやつへの挑戦】

犬との生活において、新しいおやつを愛犬に与える瞬間は何よりも楽しいものですが、時には予測不能な反応が返ってくることもあります。今回は、愛犬の味覚と心理にフォーカスして、その奥深い関係を探ってみましょう。







まず、味覚においては犬と人間とで大きな違いがあります。嗅覚が発達しているはずの犬でも、味蕾の数が人間のそれと比べて格段に少ないことが明らかになります。約1700個という少ない味蕾の中で、犬が最も感じるのはなんと甘み。これにより、犬は甘いものを好む傾向があります。



しかし、驚くことに初めてのおやつに対して犬が食いつかないことがあるのです。


その背後には、好奇心と慎重さの葛藤が潜んでいます。犬は好奇心旺盛な生き物であり、新しいものに対して興味津々ながらも、同時に慎重な一面を見せることがあります。初めてのおやつが未知のものである場合、犬はその匂いや味に対して慎重になり、自分の安全を確認しようとするのです。


また、食べ物の形状やテクスチャも犬の反応に影響を与える要因として挙げられます。普段慣れ親しんでいる食べ物と異なる形状やテクスチャの初めてのおやつに対して、犬は戸惑いや警戒心を感じることがあります。


これらの理由を踏まえつつ、初めてのおやつを導入する際には、愛犬とのコミュニケーションを大切にし、慎重に慣れさせていくことが大切です。個々の犬の特徴や好みを理解し、新しいおやつを楽しい経験に変えるためには、時間と忍耐が欠かせません。これからも愛犬との食の冒険を通じて、深い絆を築いていきましょう。  






                                   





댓글


bottom of page